fbpx

コラム COLUMN

事業承継地域

2020年社長の平均年齢!気になる中国・四国地域は?


帝国データバンクより、2020年の「全国社長年齢分析」が公表されました。公表結果では、社長の平均年齢は60.1歳であり、調査開始以来初の60歳超えとなったということで、全国的にも社長の高齢化の傾向が確認できます。今回発表されたデータに加え、過去公表した調査結果を元に全国の傾向を分析し、中国・四国地域についてもまとめました。

記事のポイント

  • 2020年の社長平均年齢は60.1歳、全国的に上昇傾向。
  • 業種別では不動産業(62.2歳)がトップ、全体的に高齢化が進む。
  • 年代別では30代以下の社長は3.57%。若手社長の輩出が課題。

2020年の社長平均年齢は60.1歳、調査開始以来初の60歳超え

帝国データバンクが公表した2020年の社長の平均年齢は60.1歳であり、調査開始以来初の60歳超えとなりました。以下のグラフからも分かるとおり、社長の平均年齢は年々上昇傾向であり、全国的に経営者が高齢化していることが分かります。

(出典)帝国データバンク「全国社長年齢分析


以下は、調査結果の都道府県ごとの社長の平均年齢をマップに落とし込んだものです。色が濃くなる程、年齢が高くなりますが、地域差はあるものの、全体的に色が濃くなっており、この30年間で全国的に社長の平均年齢が上昇していることが分かります。

(出典)帝国データバンク「全国社長年齢分析」データを元に当社で加工

業種別でも全体的に年齢は上昇、トップは不動産業の62.2歳

公表されている過去6年間分のデータを元に、業種毎の社長平均年齢の推移をグラフにまとめました。直近2020年において平均年齢が最も高いのが不動産業の62.2歳であり、次いで製造業の61.3歳、卸売業の61.0歳となっています。比較的若い平均年齢となっているのはサービス業ですが、それでも過去6年間で平均年齢が上昇していることが分かります。

(出典)帝国データバンク「全国社長年齢分析」の2015~2020年の各データを元に当社で加工

30代以下の社長は3.57%、70代社長の割合が増加傾向

公表されている過去6年間分のデータを元に、年代別社長の割合の推移をグラフにまとめました。30代以下の社長の割合は2020年時点で3.57%であり、年々減少傾向となっています。40代社長は一時期増加傾向でしたが、微減傾向となっています。50代社長が増加傾向である一方、60代社長は減少傾向であり、70代社長においては2015年の15.2%から5.1%上昇し、20.3%となっています。

(出典)帝国データバンク「全国社長年齢分析」の2015~2020年の各データを元に当社で加工

中国・四国地域の社長の平均年齢は60.4歳

2020年の中国・四国地域の社長の平均年齢は以下のとおり、高知県(61.6歳)、島根県(61.5歳)と高く、岡山県(59.4歳)、愛媛県(59.9歳)と低くなっていますが、平均年齢は60.4歳であり、全国平均よりも若干高くなっています。

(出典)帝国データバンク「全国社長年齢分析」データを元に当社で加工


おわりに

帝国データバンクが毎年公表する「全国社長年齢分析」を元に、全国的な傾向と業種別・年代別の傾向、中国・四国地域の概況をまとめました。全体的に平均年齢が上昇していることが分かりますが、留意すべきは30代以下の社長の割合の少なさです。今後、事業承継の課題が益々深刻化し、承継が上手く進まなかった場合、地域の付加価値の源泉である企業を担う社長そのものが少ないという状況が予想されます。事業承継という目の前の課題だけではなく、将来的にどの世代が経済を担うかを見据えた取組が必要です。

>>M&Aによる「事業承継」を検討される方はこちらからお問合せください。

>>M&Aによる「買収」を検討される方はこちらからお問合せください。




クレジオ・パートナーズ株式会社のご紹介代表者 :代表取締役 李 志翔
所在地 :広島市中区紙屋町1丁目1番17号 広島ミッドタウンビル6階
設立  :2018年4月
事業内容:
 ・M&Aに関するアドバイザリーサービス
 ・事業承継に関するアドバイザリーサービス
 ・資本政策、企業再編に関するアドバイザリーサービス 等
URL  :https://cregio.jp/

M&A・事業承継について、
お気軽にご相談ください。