fbpx

イベント情報 EVENT

経営資源集約化税制オンラインセミナーを開催します!


「経営資源集約化税制(中小企業事業再編投資損失準備金)」は、M&A投資額の70%を損金算入できる制度です。M&Aで企業買収を検討する中小企業にとって有用な制度となります。この制度を実際に活用する際は、デューデリジェンスの内容を記載した「経営力向上計画」を策定し、事前に認定を受ける必要があります。

本セミナーは、M&Aで企業買収を検討する経営者に、経営資源集約化税制(主に中小企業事業再編投資損失準備金)の概要と活用のポイントについて理解を深めて頂くためのイベントです。中小企業のM&A、資金調達、税制について知見を有するクレジオ・パートナーズ株式会社 代表取締役 李 志翔が「経営資源集約化税制」について解説します。

※チラシはこちら。 

(参考コラム)
経営資源集約化税制活用のポイントを解説、M&Aの投資額の70%が損金算入可能に!

セミナーのポイント

  • 「経営資源集約化税制」とは?
  • 実際の手続きはどうすればよい?
  • 活用する際に気をつけるべきポイントは?


登壇者のご紹介

クレジオ・パートナーズ株式会社
代表取締役 李 志翔

広島・岡山・高松育ち。
税理士・宅地建物取引士。
コンサルタント歴18年、累計実績300件超。上場オーナー系企業・ 非上場オーナー企業・IPO準備企業のM&A・事業承継・企業再編・資本政策アドバイザリー業務を行う。

開催要項

日時 2021年9月28日(火)13:00~14:00
場所 オンラインで開催(Zoomを利用)
※当日URLをメールでお送りします。
参加対象者 ・M&Aで買収を検討する経営者
・CFO、経営企画・財務担当者
・M&Aに関わる専門家 等
参加費 無料
申込締切 2021年9月27日(月)17:00
主催 クレジオ・パートナーズ株式会社
プログラム 13:00~13:45  経営資源集約化税制の概要とポイント
13:45~14:00  質疑応答
お申込み方法 以下のフォームに必要事項を入力し、「送信」ボタンを押してください。
Zoom URLを記載したメールをお送りします。

M&A・事業承継について、
お気軽にご相談ください。